犬と女性

食材を把握して愛犬に手作りご飯をプレゼントしよう

このエントリーをはてなブックマークに追加

お葬式を挙げる前に

棺桶

代表的な葬儀サービス

ペットが亡くなった場合、一般的には最後のお別れとしてペット葬儀を依頼します。現在は専門業者の数が多くなったために葬儀サービスもいろいろとあります。ペット葬儀で最も利用されるものは施設火葬です。ペット火葬場で行われます。小型犬だけでなく大型犬も対応可能の施設が多いです。また、移動火葬もあります。火葬炉を車両に備え付けた移動式の火葬になります。匂いや煙などは外に出ないように配慮しているので安心して頼むことができます。この2つがペット葬儀社の代表的なサービスになります。自治体によっては専門部署に連絡をすれば合同火葬をしてくれるところもあります。個別火葬対応の自治体もありますので、自身が所属する自治体に問い合わせてみるのも良いです。

サービスの種類

ペット葬儀をおおまかに分けると個別葬儀と合同葬儀の2種類があります。個別葬儀は1体ずつ火葬を行い、合同葬儀は同じ時期になくなったペットを一緒に火葬するというものです。また、葬儀社によっては火葬の立会いが可能なサービスを提供しているところもあります。もちろん、業者が出張してきて遺体を預かって火葬してくれるサービスもあります。これを預かり火葬といいます。返骨の有無については、立会いの場合は本人が拾骨します。一方、預かり火葬の場合は業者が拾骨を行って骨壷に納めて返骨してくれます。このように多様なサービスがあるのは、ここ最近のペットブームから業者への声が非常に増加したことが要因です。ペットを飼っている人はきちんと葬儀のことまでも考えましょう。